していくのか試してみます

フリーローンについての支払内容というものは、カード会社それぞれでだいぶずれというものがあっていろいな方法がとられてます。77-19-42

基本的なところでは残高スライド方式やリボルディング払い方式が多く採用されているみたいです。77-15-42

斯様なほとんどの人が知っているリボルディング払いでも、実は算定様式にいろいな形式があるのです。77-11-42

またその様式により支払合計金額が違ってきてしまいますので理解していて損はないと思います。77-3-42

そうしたらわかりやすく両者のやり方の違いを説明しましょう。77-13-42

一つは元金均等払いで、二つめは元利均等払いです。77-2-42

これらはそう呼ばれているように、元金に関してを均一にして払っていくという方式と元金と利子をあわせて均分に支払っていく形式になります。77-16-42

今回はもしも10万円カードローンをしたと仮定し、実際問題としてどのような算定をしていくのか試してみます。77-7-42

利回りを双方とも15%と設定し計算します。77-9-42

それからリボルディング払に関しての金額は1万円として考えます。77-10-42

まず元金均等払いのほうからです。

この時のはじめの引き落しに関しては1万円へ利率分1250円を加えた支払額になります。

2回目の返済に関しては1万円へ利息分の1125円を合計した引き落としになるのです。

こういったふうにして総回数10回で支払いを終了させるといった様式となります。

これに対して元利均等払いというのは1回目の引き落しに関しては1万円ですがそこから元金に8750円金利に1250円と言うようにして割り振ります。

次の返済については元金が8750円へと減少した状態で金利を勘定し1万円からまた分配するのです。

つまり元利均等払いの事例は10回で支払いが終わらないといった算出になります。

こればかりの差異で両者がどのくらい相異なっているのかがたっぷりわかったことでしょう。

元利均等というものは元金均等と比べ、明白に元金が縮小するのが遅いと言うウイークポイントが存在するのです。

つまり利子を余計に支出するというような状況になるわけです。

一方では初回の支払いが小さな額で落着すると言う利点というものもあったりするのです。

斯様な支払方法の違いによって、支払金額は相違してくるのであなたの嗜好に合う使用法を採用するようにしていきましょう。

コンテンツメニュー

77-14-42 77-20-42 77-4-42 77-18-42 77-6-42