為替が円高地合だったら

どこにでもあるビギナー向けのFXの教科書では、「マイナスになったケースではナンピン買いして、ポジション全体のコストを抑える」などと述べられているが正直に言うとナンピンには目に見えない危険性が待ち受けています。

はじめに、ナンピンの手法に関して記述します。

例として1ドル100円でドルを買ったとする。

ドル買いということで円安になればなるほど儲けを得られますが思い通りに行かず1ドル=95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。

この状況でポジションを持ち続けたらマイナスをなくすためには、ドル安になった分ドル高が進まなければなりません。

みんな、損は早く無くしたいと思います。

ここで最初に買ったのと同じだけの$(ドル)を95円で買い増しする。

すると、平均の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで抑える事が出来ます。

結果として、半分の幅で円安ドル高に推移すれば損失を取り戻す事が出来ます。

これが、ナンピン買いのやり方です。

こういうふうに、ナンピン買いの理論を理解すると、「なるほど」という風に思うが、マーケットは簡単には問屋を卸してくれない。

元々、1ドル95円が底値だということなど誰一人として分かるはずがありません。

たとえば、為替が円高地合だったら、95円では収まらず、さらに円高にいく可能性がある。

ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず、95円まで円高ドル安になったとしたら、ナンピン買いをした分についても為替差損が生まれることになってしまいます。

そういう状態では最初に取引したドルと全部で2倍の差損が生じます。

この例のように、ナンピンは一筋縄でいきません。

それなら、外国為替市場がシナリオとは逆の方向にさっさと進んでしまった場合どの対応でリスクを避ければいいのでしょうか。

この場面では取るべき手段は2つだけあります。

ひとつは覚悟を決めてポジションを閉じる事です。

もうひとつはその時に、保持している買いポジションを少なくして、再びマーケットがリカバリするのをじっと待つ事です。

ずいぶん消極的な手法だとみる人もいると思います。

しかしながら、自分のポジションに損失が生まれた場合、一番正しい手法はこの2つ以外には考えられません。

勿論、考え方としては、ナンピンをする対策も効果的です。

だがしかしナンピン買いは、あなたが損失を披っている状態にもかかわらずポジションを小さくするどころかそれとは反対に買いポジションを買い増していく方法である。

この手段では、危険を制御することなど、不可能だと思うべきです。

ナンピン買いを続けられればやがては損失が回復するかもしれません。

だが、それより前に投資資金がマイナスになってしまいます。

コンテンツメニュー

    Link