www.gazpachoonline.com

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を取引して利益を上げる商品です。売り買いの値段はいつも変動しています。これが為替相場です。ニュースサイトを見ているとドル円やユーロ円のレートの話題が流れる時があります。例としてあげると、「今日のドルは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表現しています。すなわち、売買には買値と売値の価格が存在します。売値、買値ではなくビット、アスクと表示する取引会社も存在しています。平常時には売値の方が買値よりも安価に設定されるものです。現実に買うときには高く、売るときには安くなっています。この差額をスプレッドといい取引会社の収入の1つになっています。スプレッドの幅は取引会社によって異なります。スプレッドの広さは利用者にとってコストになるので狭いFX会社をセレクトしたほうが得です。ただし、同じ会社でも場面によってスプレッドの広さは変化します。日常的にはドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの幅だとしても、為替の上下動が大きい場面では3銭、4銭になったりするのです。という事で、スプレッドの幅が狭いのと同じくらい、変わらないのが重要です。固定でスプレッドの差を見せる取引会社も多数存在しています。リアルに取引会社の取引画面上で実際の為替相場を見て確認しなければ評価できないので億劫ですが、とても大切なことです。多くのお金を賭けて売買をするわけですから、本当のエントリーの前に気になるFX取引会社の新規口座開設をどんどんして、提示されているスプレッドの狭さを確認しましょう。同じ外貨でもそのときのボラティリティによって、外貨のスプレッドの幅は異なる場合があります。いつもはインターバンクマーケットで取引量の多い、流動性の高い外貨ではスプレッドが狭くそれ以外の通貨ではスプレッドが大きくなる事があります。

コンテンツメニュー