www.gazpachoonline.com

やっと開始する時という段階ではまずは準備をしなくてはいけません。相場に入る前であれば出来事を落ち着いて調べる事ができる余裕があります。だが、一度相場の中へ立ち入ってしまうと、どう工夫しても物の見方が主観的になり、時としてちゃんとした判断が出来なくなるリスクを負います。だから頭が冷静なうちに、適切に準備する事が大事です。この”j事前準備”のためには、己の物語を作成する事から開始します。これからの相場は上がる(または下がる)からユーロを勝負するといった、自分だけのシナリオを立てていくのだ。次に重要なのは日足チャートをチェックしましょう。以前の相場の推移を調べて、今の相場を確認する。そうすれば、「今日はかなり安すぎるレベルだ」他には「すでに多数の投資家の方々が売買しているから、この後急に売り(または買い)してももうやりようがない」ということが見えてくる。当たり前ですが買い(または売り)するのが遅いと感じたならば何もしないで、そこはきっぱりと吹っ切ることが不可欠です。どうあがいても自分自身の脚本を押し通してトレードすると、外国為替市場にやられてむしろ為替差損を受けることになる可能性があります。とは言うもののたいがいのケースで用意周到に自分のシナリオを書いておけば売買がやりようがないという状況にはならないだろう。具体的に相場が動意する前のはずだから。続いては、差し当ってあなたが売買しようと思っている外貨ポジションの動きを、注意深く調べる事が不可欠です。例としてドル高に向うと推測する物語を考えたのであれば、その外貨の変化に用心しておきます。為替相場の変動を注目し始めた段階では、その通貨は大きく推移する兆しを見せることなく、上や下に細かい変動を繰り返しているだけでしょう。だが、その上下動をきちんと気をつけていると、ある地点でゆっくりと、円安の方向へと外国為替相場が動き始めてくる。このタイミングでいよいよ、ドル買いの取引します。一般的に、ここまで慎重に準偏さえしておけば、その取引で稼げる率はぐっと高まります。

コンテンツメニュー